債務整理

北九州市にお住まいで、「借金」でお悩みの方へ

当事務所は「債務整理」によって、生活再建をサポートします。
「債務整理」には主に4つの方法(任意整理・自己破産・個人(民事)再生・特定調停)があり、それぞれ特徴があります。
ある方にとってはよい方法でも、別の方にとっては負担の大きい方法になってしまうこともあるため、自分に適したものを選択しなければなりません。
当事務所では、単純に手続きを代行するのではなく、司法書士が皆様の生活・仕事・収入・財産・家族構成などを考え、最善で無理のない解決方法をご提案いたします。
北九州市にお住まいで「借金」でお困りの方は、ぜひ一度当事務所にご相談下さい。

任意整理 任意整理で「利息制限法」に基づいて高い金利を再計算し、毎月の支払い額を減らします。
自己破産 借金が支払い不能に陥った際、裁判所に申し立てることで借金の支払いが免除されます。
個人再生 個人再生とは、借金の額そのものを減額し、持ち家を残すことが可能となる手続きです。
特定調停 債務者が裁判所へ行き、調停委員のもとで債権者と話し合いを進めます。

任意整理とは

任意整理で返済が楽々に

現状のままでは借金の返済を続けることが困難な人が、司法書士を代理人として裁判所を通さず直接、債権者と手続きを進めるのが「任意整理」です。
司法書士が債務者の代理人となってすべての事務処理を代行するので、債務者自身の負担が非常に少なくなります。
債務の再計算、取り立ての停止などの手続きを経て、借金を3~5年間の分割返済にする和解契約を債権者に提案します。

債務の減額・過払い金の返済

法律(利息制限法)で決められた金利より高い金利で借りていた際、任意整理で利息の計算をやり直すので、借金総額を減らすことが可能です(※法律で決められた金利の範囲内で借りていた際は、借金の総額は減りません)。
また、過払いが生じていた場合には、その分を取り戻せることもあります。

任意整理のメリット・デメリット

メリット

すべての手続きを司法書士にお任せだから安心!

契約後、司法書士がすべての手続きを代行。したがって、債務者本人の負担が非常に少なくなります。

債務額の減額や、今後の利息をカットできる可能性

過去の借入を法律の利率に計算しなおし、将来利息もカットされるように交渉します。
司法書士に依頼後、すぐに取り立てがストップ
「任意整理を司法書士に依頼した際、貸金業者は直接本人に取り立てが出来なくなる」という規制があります。

デメリット

「新規の借り入れ」が難しくなる

信用情報機関への掲載信用情報、いわゆる「ブラックリスト」に記載される可能性があります。
新規借り入れが困難になる場合があります(2~7年程度)。

残元本以下の減額は不可

利息制限法に基づき、引き直し計算した後の残元本以下の減額は見込めません。
債務整理方法の1つ「民事再生」の手続きとは異なります。

多額の返済額には不向き

利息制限法に基づき、引き直し計算した債務額でも、月々の返済が難しい場合は、「自己破産」もしくは「民事再生」を選択することになります。

自己破産とは

多額の借金を抱え、なおかつその「返済が不可能」に陥っている方が、免責申し立てによって借金をゼロにする制度として、自己破産があります。
自己破産で一から出直し。人生再出発のチャンスが得られる制度ともいえます。
破産申し立てによって返済能力がないことが認められると、持ち家や土地など所有している財産を処分し、それを借金返済にあてることになります。
ただし、そうした処分によって完全に財産を失うわけではなく、最低限の生活に必要とされる分は残すことができます。
財産は処分換金されて債権者に分配します。残った借金については免除され、手続きは終了します。 「自己破産」は債務のすべてが帳消しになる大きなメリットがある分、やはりデメリットもあります。
債務状況によっては自己破産をせずに済む場合も多々あります。
自分の状況に合った債務整理方法を選択することが重要です。

※家財道具や家電は、ある程度高価なモノでなければ、そのまま手元に置いておけます。
※「戸籍」や「住民票」に記載されることがないので、結婚や就職にも影響はありません。
※「破産」というイメージの悪さから、「なんとなく破産は避けたい」と、ほかの方法で債務整理を行う方もいますが、収入や返済の見込みがないままほかの債務整理をしても、結局は行き詰まってしまします。
自己破産は、経済的再建のための方法です。確実な返済の見通しがない場合には、無理をしないで自己破産を選択するべきでしょう。

自己破産のメリット・デメリット

メリット

借金がすべてなくなる

裁判所で借金免除(免責)の決定がされると、すべての返済の義務がなくなります。

司法書士に依頼後、すぐに取り立てがストップ

司法書士に依頼した場合には、その時点で貸金業者の取立行為が止まります。

デメリット

債務の内容によっては借金が免除されない

債務のすべてに免責が認められるというわけではありません。その理由にギャンブルなどが絡んでいて借金をしたような場合、免責が認められないことがあります。

ブラックリストへの記載

信用機関のブラックリストに記載され、新規の借り入れは難しくなります。

財産は処分される

必要最低限の金銭、家財道具などを除く自分名義財産は、ほとんどすべて処分されます。特に、マイホームのように非常に財産価値が高いものは、当然処分の対象になります。
※持っている財産が、普通の家財道具、下取りしてもお金にならない車など、特に価値があるとは認められない場合、財産は処分されません。

個人再生とは

個人再生で自宅を残そう

自己破産の場合、自己所有の住宅(マイホーム)を手放さなければならないことがほとんどです。
しかし、個人再生(個人民事再生)手続きには「住宅資金貸付債権に関する特則」が設けられており、住宅ローン以外の債務は減額し、住宅ローンは減額せず支払っていく代わりに持ち家(マイホーム)を手放さずに手続きを進められます。
個人再生は「借金を整理したいが持ち家は手放したくない」という方には最適な方法ですが、一方で、手続きが複雑な債務整理の方法です。
※住宅ローンのない方でも、任意整理では支払いが難しいが、一定の支払いはできるので自己破産をするほどではないという場合、個人再生の選択を検討できます。

住宅ローンの減額と返済期間延長

住宅ローンが残っている方の場合、個人再生(民事再生)で債務整理を進めると、借金の負担を減らすことができます。

メリット

  • 住宅ローン以外の借金を大幅に減額できる
  • 原則、無利息での分割返済が可能
  • 住宅ローンの返済期間を延長可能

注意点

住宅ローンが一定の要件を満たしていないと、上記の特例の対象外となります。
また、住宅ローンについては減額されないため、住宅ローンと減額された債務を支払えるだけの収入は必要です。
ご連絡いただければ詳細を案内いたします、お気軽にお問い合わせください。

特定調停とは

特定調停は自力で手続き

調停委員(裁判所により選出)が債務者と債権者の仲介をし、和解を進める手続きです。
手続きの流れは任意整理とよく似ています。また、費用的にも比較的安く済むメリットもあります。ただし、債務者が調停の日に必ず裁判所に足を運ばなければならないなど、ご本人の負担が大きくなる一面もあります。
※任意整理とは異なり、過払い金が生じている場合でも特定調停の手続きでは過払金の返還は行われないのでご注意を。

特定調停のメリット・デメリット

メリット
  • 費用を安く抑えられる
    自分で裁判所に申し立てを行えば、手続き費用はほとんど発生しません。
    ※借入社数分の印紙代・切手代のみ。
デメリット
  • 返済が滞ると、財産が差し押さえられる
    返済が滞った場合、「調停調書」により強制執行ができます。
    ※その際、給料や預金等が差し押さえられる恐れがあります。
  • 新規借り入れが難しくなり、信用情報機関へ掲載される
    信用情報機関へ掲載(ブラックリスト)に記載される可能性があります。
    2~7年程度の間は、新規借り入れが難しくなる場合があります。
  • 過払い金の返還請求が行われない
    「任意整理」とは異なり、過払い金が生じている際は、「別途請求するための訴訟」が必要になることがあります。