事務所ブログ

2012.06.06更新

このホームページのアクセス結果を拝見すると
先月もたくさんの方々に
このホームページへ訪問いただいたようです。
ありがとうございます。

検索されたキーワードでは、
ゴールウィーク前後に続けてブログに掲載した
差押えに関するものが多かったようです。

反響があったということで、アクセスの結果をふまえながら、
「差押え」について補足説明をします。

1 夫婦の一方に借金が、差押えが、もう一方の財産は?
これに関連する検索が一番多かったようですが、
これについては
「Q夫が財産を差押えられた、破産した・・・私はどうなる?」

書いたとおりで、夫婦の一方に借金があって払えなくても、
もう一方に夫婦だという理由だけで
当然には支払い義務はありません。(日常家事の債務を除く)
保証人になっていれば、保証人として支払い義務があります。
もう一方に支払い義務がなければ、差押えられることもありません。

ただ、借金があるまま死亡して、
夫婦のもう一方が支払い義務を相続してしまうと話は別です。
そんな時、プラスの財産が特にないのであれば、
3ヶ月以内の相続放棄をして
支払い義務を相続しないようにすることの検討が必要でしょう。

2 差押え前の、差押えの後の名義変更
差押え前の財産の名義変更についても
「Q夫が財産を差押えられた、破産した・・・私はどうなる?」
後半に書きましたが、
差押えを逃れる目的での財産の名義変更は
後になってプラスにならないことが多く、
悪質な場合、犯罪を構成することもあります。

差押えられた後の財産の名義変更については、
名義変更より差押えが優先します。
差押え=競売手続でその財産を誰かが取得すると、
差押えの後に名義変更を受けた人は
その財産の所有権を失います。
つまり、名義変更が無駄に終わってしまう可能性が高いのです。

3 差押えで足りない分はどうなる?
差押えられた財産を、
その後の競売手続で売却され代金が配当される、
あるいは給料などの差押えで直接債権者が回収するなどしても
まだ、債務の金額に足りない場合どうなるかですが、
足りない分は残債務として支払い義務も残ります。
債権者が判決などの債務名義を持っていれば、
残債務回収のために、他の財産を差押えることができます。
債務名義については、
「Q.借金を返してくれない知人の財産を差押えたい1」をご覧ください。

今後も、アクセスいただいたキーワードも参考にしながら、
いろいろな情報を発信していきたいと思います。

その他のブログ内の関連記事

「Q.債務整理すると給料差押えられますか?」

「財産を差押えられたとき」

「Q.借金を返してくれない知人の財産を差押えたい1」

「Q.借金を返してくれない知人の財産の差押えたい2」


北九州市八幡西区、八幡東区、若松区、戸畑区、
小倉北区、小倉南区、門司区にお住まいの方で、
民事裁判、民事執行、民事保全の手続きについてのご相談は
角田・本多司法書士合同事務所までご連絡ください。

投稿者: 司法書士 本多寿之