事務所ブログ

2011.12.26更新

亡くなった方に多額の借金があり、
相続で引き継ぎたくないとき、
相続放棄をすることを、亡くなったことを知ってから3ヶ月以内に
家庭裁判所に申述すればよいことを前回お話ししました。
(マイナスの遺産だけでなく、プラスの遺産も
引き継がないことに注意が必要です。)

しかし、残された遺産について、
プラスの方が多いのか、マイナスの方が多いのか
はっきりわからないこともあります。

その場合考えられるのが限定承認です。
これは、プラスの遺産の限度で
マイナスの遺産(債務)の返済をすればよいというものです。

例えば、最終的にプラスの遺産が100万円、
マイナスの遺産(債務)が120万円のとき、
100万円の債務を返済すれば、
残りの債務20万円は返済しなくてよいのです。

また、最終的にプラスの遺産の方が多ければ、
債務を返済した残りのプラスの遺産は引き継げます。

プラスもマイナスも全部引き継ぐ通常の相続(単純承認)と
全部引き継がない相続放棄の中間といったイメージです。

限定承認も亡くなったことを知ってか3ヶ月以内に
家庭裁判所へ申述が必要です。
プラスとマイナスがはっきりしないときは検討してもよいと思います。


ところで、普通に相続(単純承認)した場合、
プラスの遺産は、相続人全員で遺産分割協議をして
分けることができますが、
マイナスの遺産、つまり借金などの債務はどうでしょうか。

例えば、相続人ABCで、借金はAに相続してもらうと協議をしても、
お金を貸している人(債権者)は、ABCそれぞれに、
法定相続分に従って請求することができます。
「3人で話し合って、Aが払うことになりました。」と言っても
債権者には通用しません。

債務を相続人の一部の人に引き継がせる遺産分割協議は、
債権者が同意しなければ、債権者から見れば
相続人全員が法定相続分に従って債務を引き継いでいる状態です。

Cは債権者の請求を拒めませんが、
もし、Cが支払ったときは、Aに対して
「あなたが払うことになってたんだから」と
自分が支払った分をAに請求できます。

遺産分割協議で自分は債務は引き継がないと決めても、
完全には安心できないということです。


ブログ内の関連記事
「借金を相続したくないとき~相続放棄」


小倉北区、小倉南区、門司区、戸畑区、若松区、
八幡東区、八幡西区と北九州市近郊で、
相続、遺言、遺産分割、相続放棄などは
角田・本多司法書士合同事務所までご相談ください。

投稿者: 司法書士 本多寿之

2011.12.22更新

相続するのはプラスの遺産だけではありません。
マイナスの遺産、例えば借金、クレジットの残金、車のローン
保証人としての支払い義務など、
ありとあらゆるマイナス(債務)も相続し引き継ぎます。

プラスの遺産はほとんどないのに、
多額の借金だけが残っている。
債務を引き継ぎたくないときに考えるのが相続放棄です。

遺産分割で、「私は遺産はいらない」ということを
「放棄した」と思っている方もおられますが、
法律上の相続放棄は、被相続人が
亡くなったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申述して行います。

必ず家庭裁判所に申述(といっても書面です)しなければなりません。
裁判所は亡くなったときに住んでいた所を管轄する家庭裁判所です。
「知ってから」ですから、音信不通にしていた親の死を
1年後に知っても、それから3ヶ月間は相続放棄ができます。

(知ってから3ヶ月以上たっても、
それまで借金なんてないと思っていたところ、
金融機関から多額の請求がきて、初めて債務があることを知ったとき、
そのときから3ヶ月以内であれば、
相続放棄を受け付けてもらえることがあります。)

また、遺産の一部を消費するなどすると、
遺産を引き継いだものとみなされて(法定単純承認といいます)
相続放棄ができなくなります。

相続放棄をすると、マイナスの財産だけでなく、
プラスの財産も相続できません。
つまり、一切、何も引き継がないことになります。
マイナスだけ放棄して、プラスは引き継ぐなんてことはできません。

相続人である子全員が相続放棄をすると、
相続の第2順位である、亡くなった方の父母・祖父母に
父母・祖父母がいなかったり相続放棄をすると、
第3順位である、亡くなった方の兄弟姉妹(場合によってはおい・めい)に
相続権が移っていきます。

相続放棄をすると借金は引き継がなくてすみますが、
遺産である家や預貯金も引き継げません。
3ヶ月はそんなに長くはありませんが、
その間に、相続放棄するかどうするか決断しなければなりません。

手続はそんなに難しいものではありませんが、
手間取っているうちに3ヶ月経過してしまうと大変ですので、
そんなときはご相談ください。

プラスの財産が多いか、マイナスの財産が多いか、
はっきりわからないときは、限定承認の検討も必要でしょう。
限定承認については、次回、お話します。


小倉北区、小倉南区、門司区、戸畑区、若松区、
八幡東区、八幡西区と北九州市近郊で、
相続、遺言、遺産分割、相続放棄などは
角田・本多司法書士合同事務所までご相談ください。

投稿者: 司法書士 本多寿之