事務所ブログ

2011.07.07更新

遺言の種類は主に2つで
自分で書く「自筆証書遺言」
公証人にかいてもらう「公正証書遺言」 があります。
ホームページの「遺言」にも書いたように、私は「公正証書遺言」をおすすめしています。

ところで、遺言に書く内容は、
誰に遺産を引き継いでもらうかということが
法律的に意味がある重要な部分ですが、
その他に、法理的には意味はなくても、
自分の思いを書き綴ることができます。

例えば、遺産を二男に引き継いでもらうという遺言を書く場合、
「遺産はすべて二男○○に相続させる。」とだけ書けば、
必要最低限のことは伝えることができます。
しかし、それを読んだ長男は
「なぜ、二男だけに。だったら、遺留分を主張しよう。」
と思うかもしれません。

そこで、例えば
「長男には自宅を建てるときに相当の援助をした。
二男には生前、ほとんど何もしてやれなかったので、
遺産は二男に相続してもらうことにした。
このことを長男は理解して、遺産のことでもめないでほしい。」

と、遺言に二男に相続させる理由や、思いを書けば、
長男も納得できるかもしれません。

こういうものを「付言(ふげん)」といいます。
付言には法律的な意味はありませんので、
付言があっても、長男は遺留分を主張しようと思えば主張できます。
しかし、一言書き添えるだけで、
納得の材料になることもあると思います。

このような付言は、公正証書で遺言を作成した時も
遺言に書いてもらうことはできます。

私たちが遺言の相談を受けたときは、
単に法律的に有効かどうかだけでなく、
こういった工夫もアドバイスしています。

付言を活用することで、
遺言に込めた思いがより伝わり、
もめごとを避けることに役立つのではないでしょうか。


ブログ内の関連記事
  「遺言と遺留分(いりゅうぶん)の話」


北九州市 門司区 小倉北区 小倉南区 戸畑区
若松区 八幡東区 八幡西区にお住まいの方で
相続 遺言 遺産分割 名義変更登記のご相談は
角田・本多司法書士合同事務所までご連絡ください。

投稿者: 司法書士 本多寿之